嶺上の桜雲

読書・デレステ・自己その他に関する日常的な思索など

神戸市立中央図書館にある『子供の震災記』は改竄後のものだった

 ここでは以下に載せた2つの記事を読んだ前提で話を進めていくため、この記事が初めての方は先にこちらをご覧頂きたい。

 

vergil.hateblo.jp

 

hibi.hatenadiary.jp

 

 2つ目に挙げた日比氏の記事において、発禁処分を受けた「特500-641」より1ヶ月早い版の『子供の震災記』が、神戸市立中央図書館と鳴門教育大学附属図書館にあるという指摘がなされている。この件で興味をそそられた神戸市民の自分は、是非ともこの目で確かめてみたいとの思いですぐさま中央図書館へと足を運んだ。結果的には無事に当該本を手に取って調べることができたので、そこで得られたいくつかの情報を参考に供したい。

 

 ざっと全体に目を通してみたところ、「朝鮮人」「鮮人」などの表現は一切見られなかった。また id:Vergil2010 氏が記事中で引用したと思しき箇所は改竄後の表記ばかりであった点から、この版は改竄された「526-64」系だと考えられる。しかしこの本の奥付には

  • 大正十三(1924)年四月二十五日 印刷
  • 大正十三年四月三十日 発行

 と印字されており、以降に発行された発禁版の「特500-641」とは辻褄が合わない(額面通りに受け取るなら改竄後?→改竄前→改竄後という無理筋な流れになる)。更に奇妙なことに、発行期日の横には

  • 大正十三年五月五日 再版発行

とも書かれている。わずか5日で再版を発行するに至った経緯とは、一体どういうものであったのか。

 

 前述した日比氏の記事では1924年5月19日の発禁後に内容が改竄されたと見立てられているが、発禁を受けた当の「特500-641」および改竄後の「526-64」には本来明記されて然るべきはずの版情報が存在しない。従ってあくまで個人的な憶測に過ぎないが、実際には改竄がこの5日間で果たされ、発禁処分自体は諸都合により5月19日までずれ込んだとは考えられないだろうか。なお図書館の窓口スタッフに伺った話では、当時の再版は今のそれとは違い特に内容の変更がなくとも行われていたらしく、詳細は分からないとのことであった。

 

 また本書が何故か神戸市立中央図書館にある理由だが、蔵書印には

  • 神戸市立図書館 大正十三年七月十八日

 と示されているため、阪神・淡路大震災関連で神戸やその近くにある鳴門に寄贈された可能性は間違いなくゼロである。となれば発行元の初等教育研究会がこの作文集の出版には挫折したものの、同じ師範学校であった当時の兵庫御影師範学校(現・神戸大学発達科学部)に何らかの事情で移したのかもしれない(多分相当に薄い線だとは思うが)。いずれにせよ自分は専門家でも何でもないので、今後は日比氏と本件の発端となった id:Vergil2010 氏のご進展をお祈りしたい。