嶺上の桜雲

読書・デレステ・自己その他に関する日常的な思索など

座禅を始めて3ヶ月

 最近では瞑想(マインドフルネス)や座禅がブームとなっており、GoogleやYahooといった大企業が取り入れるなど、その勢いには目覚ましいものがある。しかしどちらも科学的な裏付けはあるにせよ、ネット上にある体験文(特に瞑想)には大抵ある種の胡散臭さが付き纏っているため、個人的にはこの種の文章にはあまり感心できずにいた。そこで自分としてはなるべく科学的な視点から座禅の効果を紹介した上で、3ヶ月間続けてきた感想を簡単に綴ってみたい。

 

 瞑想や座禅の効果には

  • 精神の安定およびストレスの解消
  • 集中力や記憶力の増強
  • 免疫機能の向上

 など様々なものが挙げられるが、これら全ての根本要因となるのは三大神経伝達物質の1つであるセロトニンの増加だろう。他の2つにはドーパミンノルアドレナリンが存在し、前者は快楽ややる気を司る一方で、過剰になると統合失調症や各種の依存症を引き起こすとされる。後者はストレスに反応して不安や恐怖といった感情を生み出す他、過剰分泌により躁状態や高血圧などの原因となる。この両者の暴走を抑え、精神の安定を保つのがセロトニンの働きだ(なおセロトニンの過剰でも、発汗や震えが主症状のセロトニン症候群をもたらす点には注意が必要)。

 

 まず先程示した3点のうち上の2点については、前述のセロトニンの働きから導き出すことができる。加えて睡眠ホルモンのメラトニンはセロトニンを元に生成されるため、セロトニンの増加は良質な睡眠にも繋がると考えられる。間接的にではあるが、睡眠もこの2点に寄与していると見てもそう間違いではないだろう。残る1点は免疫機能の向上であるが、セロトニンが不足すると免疫に関与するホルモンのコルチゾールが多く分泌され、免疫力の低下を招くに至る。よってセロトニンが増えることでコルチゾールの分泌が抑制され、結果として免疫機能が向上するのは自然の流れだと言えよう。

 

 またセロトニンは呼吸や歩行といったリズム運動で増えるため、恐らくはジョギングやウォーキングでも似たような効果自体は得られると思われる。ただしここでは個人的に座禅を続けてきた感想を述べるのが本来の目的であるから、そちらに関しては機会があれば考察を検討する程度に留めておきたい。それではこれまでの記述を踏まえ、以下に自分が座禅中あるいは座禅後に実感できた効果をいくつか例示していこう。

 

  • ある程度三昧(=無心)状態に慣れた

 最初は15分から始めてみたものの、数分もすればイヤーワームが暴れ出して結局最後までそのままだったり、あるいは精神的に辛くなって「まだ15分経たないのか」と終わるのを待ち焦がれたりすることも多かった。しかし1ヶ月ごとに時間を5分ずつ増やしていくにつれて、次第にイヤーワームを楽に抑え込むと同時に三昧の状態を比較的長く持続できるようになったと感じている。

 

  • 体温が上がる

 始めた時期が7月の中旬だったせいもあり、最初の頃は気温の暑さと体温の上昇を全く区別できていなかった。ところが暑さが引いたしばらく前からは、座禅によって明確に体温が上がっていることを十分に自覚できた。セロトニンには体温調節作用があるので、冷え性の自分としては今後厳しさを増す冷え込みの中でも大いに助けとしたいところである。

 

  • ストレスに大きく左右されにくくなった

 今でも些細な物事で一喜一憂したりはするのだが、以前に比べてその振れ幅がやや小さくなったと言えば分かりやすいかもしれない。脳にある扁桃体は主に恐怖などの情動に関わるとされるが、ハーバード大の研究では8週間の座禅によってこの部位が縮小したことが明らかとなっている。従って自分にもこれと同じ現象が起こっていると考えてもそれほど不思議ではないはずだ。

 

 以上の点から窺えるように、個人的にはあまり劇的な効果があったとは言い難い節がある。ただ調べたところ自分は体質上セロトニンが不足しやすいため、実際には冒頭で言及したような神秘体験には初めから与れないだけかもしれない(まあ仮にできたとしてもそうするつもりは更々ないが)。少なくとも座禅はなんら効果がないというわけでは決してないので、過度な期待はせずにいるぐらいがちょうどいいのではあるまいか。

 

〇参考ページ

三大神経伝達物質:セロトニンとドーパミンとノルアドレナリン | 快適.Life

コルチゾールの働き